工業会概要

日本機械鋸・刃物工業会は機械産業において、日本を代表する機械用帯のこ、丸のこ及び機械刃物製造を営む法人、個人で構成する正会員と原材料製造とその取扱い業者の賛助会員とする全国団体で機械用刃物の総合的な進歩と発展をはかり、我が国経済の発展に寄与するという目的で昭和34年4月に日本製材用帯鋸協会と日本機械刃物協会が合同合併して誕生し現在に至っております。

なお、工業会は毎年度事業計画を策定し、これを遂行するため常設の部会及び委員会のほか、必要に応じて適時特別委員会、懇談会、研究会等を設け、幅広い事業活動を行っています。
◆機械刃物工業の発展のため、工業会が実施している主な事業は次の通りです。 
1 本工業の合理化に関する計画、審議の推進
2 本工業に関する統計の作成および資料の蒐集 
3 本工業に関する調査研究ならびに情報、法令の伝達
4 本工業に関する技術の向上及び作業能率改善の研究
5 安全性の追求および環境問題への積極的な取組み
6 標準化の促進
7 内外関係機関などの交流および協力
8 その他本会の目的を達成するために必要な事業



◆工業会の会員は現在正会員が22社、賛助会員が8社で、会員企業による最近7年間の生産及び輸出業績は次表の通りです。
                                       単位(金額:百万円)
機械刃物 丸のこ 帯のこ 合  計
生 産 輸 出 生 産 輸 出 生 産 輸 出 生 産 輸 出
平成23年
2011
13,183 2,394 9,360 2,967 317 121 22,860 5,482
平成24年
2012
12,969 2,218 9,115 2,851 267 73 22,351 5,142
平成25年
2013
12,518 1,980 9,273 3,054 227 94 22,018 5,128
平成26年
2014
13,721 2,176 10,672 3,690 292 103 24,685 5,969
平成27年
2015
12,639 2,124 10,593 3,837 287 97 23,520 6,058
平成28年
2016
12,291 1,833 10,114 3,387 245 76 22,652 5,296
平成29年
2017
13,575 1,784 11,150 4,179 305 98 25,030 6,060

トップページへ戻る